東翔会について

法人概要

施設写真

当法人の前身である立山内科医院は大阪伊丹国際空港開港10年後の1966年に伊丹市に生まれました。地域医療に貢献することを目標に始まり、その後も疾病予防及び健康の保持増進に寄与することを目的としています。

現在では、東京都千代田区に『永田町つばさクリニック』を開設し、『立山内科医院』とともに、パイロットの健康管理もおこなっています。今後も利用者の権利を尊重し、心の通ったよりよい医療サービスを提供し、他の医療機関と連携し地域社会に奉仕してまいります。


理事長挨拶

機器写真
『生涯飛翔』これが私の座右の銘です。
これには2つの意味が含まれています。1つは「この世に治すことのできない病気はない。それがあるのは、医師の勉強不足が原因である!」という医師に成り立ての頃に先輩の先生から言われたことを今でも忘れずに、向学心をもって毎日の診療・治療に専念すること。
もう1つは、自分自身も自家用多発計器飛行証明を持つパイロットとして、一生涯大空を健康に飛び続ける。このことを心に刻みながら親切・正確・迅速に信頼される医療機関を目指します。 

     理事長 立山雅己